着床しやすい子宮環境の整え方

チャンネル

冷えや血流が悪くて着床できる子宮環境か不安

意を決してトライした顕微授精。 次こそ妊娠を継続したい!

移植に向けてどんなことをすればいいのかわからない。。。

今の不調を改善することで子宮環境も整い、妊娠継続し
かわいい男の子を出産したこのご夫婦の軌跡を2回に渡りお伝えします!

前半の動画をまだご覧になっていない方はこちらへ

妊活先生 妊活に不妊治療はいらない 仲宗根康の卵質改善メソッド

この動画を最後までご覧頂くことで、
受精卵を受け入れ着床しやすい子宮環境の整え方、また妊娠がわかったあとの過ごし方がわかります。

 

流産経験、次の移植に向けてカラダとココロを見つめ直し行動した

先受精卵を受け入れ、宿すための身体を作るにはどんなことをすればいいの?
着床、妊娠継続できるために何が必要?

冷えや血流が悪くて、着床できる子宮環境か不安な方は多いですね。
子宮が冷えていることが原因かも!?
と考えてしまい、多くの方が間違った「温活」をしてしまっています。

ストレス、不安でいっぱいで身体の緊張と冷えがマックスだった状態から
サロンケアとセルフケアでみるみる改善し、心も前向きに明るくなり次の移植で妊娠♡

妊活中に手に入れたセルフケアやパートナシップが
マタニティ・産後期も笑顔が絶えない夫婦生活を送ることができますよ!

子宮環境をいかにいい状態にして受精卵を受け入れる方法

体外受精において受精卵を戻す移植

着床し、妊娠継続するためには
・卵子の質
・受精卵の質
・子宮環境の環境
が大事になってきます。

次に控えた移植では、子宮環境をいかにいい状態にして受精卵を受け入れる体になっているのか?

着床しなかったら?
また流産したら?

そんな不安や緊張は冷えを招き、血流を悪くし子宮に届く栄養がうまく届かなくなってしまいます。

心を落ち着かせ、今のあなたが何をしたらいいのか?

一番いい状態で受精卵を迎えられるよう、一緒に考え行動していきましょう。

気軽にお近くの妊活先生にご相談くださいね!

【妊活先生・伊藤英美先生の妊活成功例】

「癒されながら楽しく実践できる妊活法」で クライアントさんの笑顔を引き出す
静岡県の卵質改善コンサルタント

妊活サロンレイラニLINE公式  https://lin.ee/BgxbSOB

アメブロ https://ameblo.jp/leilani-shizuoka/

インスタ @leilani_ninkastu

HP(準備中) https://leilani-onkatsu.jp/