MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 不妊の知識 > 不妊のストレスを解消する方法|不妊の原因を取り除く!

不妊のストレスを解消する方法|不妊の原因を取り除く!

1,131 views
不妊ストレス

妊活を始めたものの、なかなか子供を授かる事ができないと悩み、ストレスとなっている方も多いかと思います。

 

ストレスを感じた時、脳はストレスホルモンを分泌させ、自律神経を興奮させたり、過剰分泌によって女性ホルモンの分泌が止まる事もあります。

その為、不妊にも直結してしまう場合もあるのです。

 

ここでは、ストレスが不妊の原因となる理由、ストレスと妊娠率の関係、ストレスの解消法についてご紹介します。

 

ストレスが女性を不妊にする

女性の体がストレスを感じたとき、はじめにダメージを受けるのは、脳の視床下部という部分です。視床下部は、ホルモンバランスを整える役割をしています。ストレスを貯めて脳の視床下部が危険信号を受け取ると、女性ホルモンのバランスが狂ってしまうのです。

 

脳の視床下部が刺激されると、脳は体を守ることで精いっぱいで、ふだん体に出している指示を上手く出す事ができなくなってしまいます。脳の視床下部がうまく機能しないと、排卵期になっても排卵されない無排卵や、生理不順を引き起こしてしまう場合もあります。

 

ルトラールで生理が遅れる

同じように対人関係で悩んでいても、自分より楽観的に生きている人を、周りで見かける事も多いのではないでしょうか。

 

仕事についても人間関係についても、考え過ぎないように心がけると、ストレスはずっと減らせる事ができます。妊活をするときにも、1人で悩まず、友人や夫に相談するようにして、心を楽にしてあげる事がとても大事です。

 

ストレスと妊娠率

アメリカの「NIH」(国立衛生研究所)の研究では、女性がストレスを受けたときの目安とされる、唾液に含まれる「アルファミラーゼ」という物質が高いほど、妊娠率が低いと言われています。ストレスを受けている女性は、ストレスにさらされていない女性に比べると、12%も妊娠率が低いという結果が出ています。

 

妊娠率の発表

 

しかし、イギリスの研究では、体外受精に限った研究だと、ストレスを受けている女性もストレスを受けていない女性も、妊娠率は変わらないと報告されました。

不妊についての研究に差があるのは、ストレスによる症状が一つだと言えないからでしょう。

 

女性の体に問題がなくても、男性が受けるストレスで、卵子が減っていて不妊になっている可能性もあります。

 

同じような対人関係の悩みでも、大きなストレスと感じる人もいれば、さほどストレスを感じない人もいます。ストレスを感じたときに、どの部分に影響するかというのも、個人差があると言えます。

 

ストレスが必ずしも妊娠率と直結していないからといって、体に様々な悪影響を与える事は分かっているので、出来る限り避けたいものに変わりはありません。

 

完全にストレスをなくす事は困難ですが、同じような原因があったときにも、ストレスに強い体にしておくのは重要と言えるでしょう。

 

ゴールデンタイムに睡眠を

妊活中はできる限り、規則的な生活を心がけるようにしてください。仕事で帰りが遅い方もいるかもしれませんが、早寝早起きは不妊にはとても効果的です。

ゴールデンタイムの睡眠

特に「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間に眠る事が、不妊を解消するために非常に効果があると言われています。ゴールデンタイムは、夜の10時から午前2時の4時間です。ゴールデンタイムの4時間には、成長ホルモンが分泌されると言われています。

 

疲れた体を癒したり、免疫力を上げてくれるばかりではなく、妊娠に必要な生殖能力も上げてくれるでしょう。

 

遅く帰った日は、なかなか眠れないという方もいるかもしれません。ゴールデンタイムの4時間のうち、1時間や2時間でも眠る事で、ストレスで疲れた体を癒してくれるでしょう。

 

ストレス解消法

妊活中のストレス解消法として、次のようなものがあります。

 

  • 1:睡眠を取る

ゴールデンタイムは、夜の10時から午前2時の4時間となり、この間に成長ホルモンが最も多く分泌されます。

疲れた体を癒したり、免疫力を上げてくれるばかりではなく、妊娠に必要な生殖能力も上げてくれるでしょう。

 

ゴールデンタイムに睡眠時間が合わせられない方でも、一日に6~7時間の睡眠時間を確保する事はとても重要です。

 

交代制勤務で夜間に働いている方などは、睡眠時間が不規則になってしまうかもしれませんが、基本的に寝溜めはできないと考えて、睡眠時間の確保は出来る限り意識していきましょう。

 

  • 入浴でリラックス

普段はシャワーだけで済ませている方でも、浴槽に使って温まるのがオススメです。ぬるめのお湯で、ゆっくりリラックスするといいでしょう。たくさんの女性が悩んでいる冷え性の解消にもなります。

いいにおいのする入浴剤を使って、バスタブに浸かってゆっくりとした時間を過ごす事で、ストレス解消にも効果を発揮してくれるでしょう。

 

関連ページ⇒妊活で最適なお風呂の温度は?42度以上で身体が冷える?

 

  • 軽度の運動を心がける

運動が苦手だったり、運動する時間のない方も多いでしょう。でも、運動する事で血流も良くなり、ストレス発散にもなります。運動したときには、脳内で「エンドルフィン」という物質が分泌されます。エンドルフィンは幸福感をもたらしてくれる神経物質なので、ストレスで滅入っている方でもハッピーな気分を味わう事ができるかもしれません。

 

関連ページ⇒妊活中は運動でストレス発散

 

  • 妊活をおやすみする

赤ちゃんがほしいと思い詰めるあまり、その気持ちがストレスになっている方も多いものです。妊活自体が、実は心理的にくるストレスも大きく影響していたりします。

 

基礎体温をつける事から始まり、排卵期を意識して性行為をする事は、女性にとってもパートナーの女性にとっても大きなストレスです。家族に「赤ちゃんはまだか」と聞かれたり、周囲の妊娠の話を聞いたりすると、ストレスを感じる事もあるでしょう。

 

妊娠中旦那が嫌い

そこで一度、妊活を保留にして、ストレスをリセットしてみるもの一つの方法です。気持ちが楽になってみると、ふとしたタイミングで妊娠するケースもあります。

 

関連ページ⇒不妊治療のお休み期間でホルモンバランスを整える事が大切

 

ストレスフリーで不妊解消

毎日、どこに意識を集中させているかでストレスの度合いが大きく違ってきます。妊活中なら、楽しいと感じる事に挑戦する事で、ストレスを大きく減らせる事もできるでしょう。

 

アロマオイルを使ったり、好きな音楽を聴いたりする事は、ストレス解消方法としてよくオススメですが、自分の好きな事に意識を集中させているのが一番です。

 

周囲で赤ちゃんを授かった女性がいると、なかなか子供を授かれない方は、妊婦さんや産婦さんから遠ざかりたいという気持ちになってしまう事が多いでしょう。

でも、妊婦さんにさわると、「妊娠菌」が移って妊娠するという縁起かつぎもあります。

 

些細な事からストレスを感じないように、おおらかな気持ちで過ごす事は、いちばんのストレス解消になるでしょう。

 

参考ページ⇒妊活で試したい!妊娠するための子宝ジンクス9選!


あわせて読みたい

X