MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 妊活の知識 > 妊活で最適なお風呂の温度は?42度以上で身体が冷える?

妊活で最適なお風呂の温度は?42度以上で身体が冷える?

1,051 views
e636c24049f256d1cc7484eb30db29fa_s

最近急に寒くなったので、ちょっと前まで40度の設定であったお風呂の温度を上げました。

 

本当は43度くらいにして、「くー」なんて我慢しながら、熱々のお風呂に浸かりたいのですが、子どもが熱くて入れませんので、41度で我慢しています。

 

それでも、冷えたからだで入ると熱く感じるようで、「熱い熱い」と大騒ぎ。でも、浸かってしまうとぬるく感じてしまうんですよね。

 

なので、私は普段は忙しくてバタバタのカラスの行水なのですが、最近は嫌でもゆっくり入っています。

 

おかげで、湯上りに寒く感じることは少なくなったように思います。妊活といえば切っても切れない間柄なのが「冷え」ですよね。

 

私も妊活のことでお話をするなかで毎回といっていいほどかかわってくるのが、この「冷え」のお話です。

 

今までは、他力本願的に何かを取り入れて冷えを解消するお話をしてきたのですが、今回は恐らく皆さんが毎日行なっている入浴で冷えを改善できないかと、入浴に関して効果的な方法はないかと色々調べてみました。

 

妊活時の冷えについて

 

よく調べてみると、お風呂の入り方を間違えるとかえって体を冷やす場合があるようなのです。体を冷やしてしまうのは、妊活にとっては大問題です。

 

でも、一体なぜそんなことが起こるのでしょうか?みなさんは、「自律神経」という言葉をご存知ですか?

 

自律神経とは、循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意な機能をコントロールする神経系のことです。

 

自律神経の役割

 

この自律神経は、交感神経と副交感神経とに分かれます。

 

交感神経は、簡単に言うとからだを活動的にするために働く神経で、血管を収縮し、心拍数を上げたり、血圧を上げたりします。いわゆる緊張状態はこちらです。

 

副交感神経は、からだを休ませるために働く神経で、血管を広げ、血圧を下げたり、心拍数を下げたりします。いわゆるリラックス状態はこちらです。

 

さて、この自律神経の話をご理解いただいたところで、入浴の話に戻るのですが、実は高温のお湯での入浴は、この交感神経を活発にさせてしまうようなのです。

 

お風呂に入る温度

 

一説によるとその温度は42度以上だそう。先程お話したように、交感神経が優位に働くようになると、血管が収縮します。

 

そうなるとどうなるかといいますと、血流が滞り、からだの表面は温かくなるのですが、からだの内部までは伝わらず、からだが冷えてしまうということになるのです。

 

41℃以下のお湯になると、状況が全く変わってきます。からだをリラックスさせる副交感神経が優位に働くようになります。

 

そうなると、血管が広がり、からだの内部から末端・表面まで、血液が活発に流れるようになるというわけです。

 

そうなると、体の表面から伝わってくるお湯の温度を、血液によって体の内部までしっかりと伝えることができます。

 

そのため、体の中からしっかり温まることができるので、冷えが解消出来るというわけですね。115608

体の内部まで熱が伝えられれば、卵巣・子宮など骨盤内部までしっかりと温めて血流を良く出来ますから、妊活にも効果絶大間違いなしです。

 

入浴時間

 

ただし、入浴時間をたっぷりと取ることが必要です。5分とか10分では、体の内部まで熱が伝わりにくいので、20分程度は湯船につかるようにした方が良いようです。

 

ただ、20分も入って入られないわよ!のぼせちゃう!お風呂でつまらない!という方もおみえになるかと思います。

 

そういった方は、半身浴にされるか、足浴にされることをお勧めします。

 

実は足首には、血管・リンパ管が集中しています。ですから、リンパ液や血液が、足元の温度を腰まで、効率的に伝えてくれるので、体が温まりやすいわけです。

 

ストレス発散と質のよい睡眠

 

最近は足湯用のバケツも売っていますし、なくても足首が入れば十分ですので、そういった容器に41~42度のお湯を準備してください。

 

足浴のお湯は量が少ないため、どうしてもすぐに冷めてしまいます。可能であれば、適宜お湯を追加するなどして、41度程度に維持できるとベストです。

 

479de14a19d8057dcb2e23b1f059d805_s

 

入浴、半身浴、足浴のいずれでもいえるのですが、この41度程度のお湯で入浴すると、身体が温まる効果だけではなく、他にもいい効果が望めます。

 

それは、さきほど副交感神経のところで述べましたが、副交感神経が優位に働くということは、からだをリラックスした状態にするということです。

 

したがって、冷えを解消するだけでなく、リラックスすることでストレス発散になり、質のよい睡眠へと導いてくれます。

 

どれだけ冷えを解消しても、ストレス満載、不眠…では妊活しにくいですよね。そういった点で、これらの入浴は他にも嬉しい効果を生んでくれます。

 

本当は毎日がきっとベストでしょうが、忙しい毎日、さすがにこれだけに時間をかけるのは困難ですよね。

 

せめて週末だけとか、この曜日だけは…という日を作って、ゆっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 


あわせて読みたい

X