MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 妊活|食生活 > 菌活で妊活をしよう!まずは腸内環境の改善から!

菌活で妊活をしよう!まずは腸内環境の改善から!

2,265 views
5363d2e4008556f6b798e9bf41ad5a9e_s

妊活という言葉はだんだんスタンダードになりつつあります。

 

近年は晩婚化により妊活をする人も増えていますね。また、男性の精子減少も増えているんだとか・・・。

 

妊活には食事や運動などさまざまなものがあります。最近、注目されているのが菌活です。

 

元宝塚で実力派美人女優の天海祐希さんも「菌活」をしているとおっしゃっていました。天海祐希さんは現在も独身ではありますが、非常に健康に気を遣っている方ではありますね。

 

テレビで「今は婚活よりも菌活だわ!!」とおっしゃっていました。それくらい「菌活」には魅力的な効果があるということでしょう。

 

菌活とは?

 

健康や美容のために「菌」を食べることを菌活といいます。継続的に行い、習慣化することで体が健康になっていくようです。

 

「菌」というと悪いイメージの方もいるかと思いますが、そうではありません。

ばい菌ではないので、ご注意を・・・。

 

ヨーグルトや納豆などには「菌」が含まれていることは有名ですよね。そして、体に良いことも有名です。そのような「菌」の摂れる食材を活用した料理が流行りつつあるのです。

 

体に良い「菌」

 

簡単に言うと、発酵食品であれば「菌」が含まれていますね。あとはきのこですね。

発酵食品で菌を摂取

食べ物ですと・・・

・ヨーグルト
・納豆
・キムチ
・チーズ
・ぬか漬け
・麹
・味噌
・甘酒
・きのこ

などです。手軽に食べられるものばかりですよね。これをきちんと継続して食べることで、さまざまな良い効果が得られるのです。

 

菌活で妊活

 

なぜ菌活が妊活に繋がるかというと、腸内環境を整えるということが重要だからです。妊娠しやすい体作りは食生活と直結します。

 

バランスの良い食事をしても、腸内環境が悪いと栄養が上手に摂取できませんそして、体内に行き届かないのです。

 

一生懸命栄養バランスを考えて食べても、その大事な栄養を吸収してくれないんじゃ意味がないですよね、そこで腸内環境を整え、栄養素をしっかり吸収しようというわけです。

 

妊娠するにはビタミンやミネラルなどの栄養素が不可欠です。これらは腸内環境により摂取の良し悪しが変わってきます。

 

腸内環境が悪ければ、そういった栄養素の吸収に支障がでるうえに免疫力の低下なども起こります。免疫力の低下により、病気になってしまう・・・。

 

そして、病気により卵子に影響が出てしまう・・・。といった悪循環を起こしかねません。なので、菌活というのは妊娠しやすい体作りにとっても大切なんですね。

 

腸内の菌って何?

 

腸内環境が悪いというのは、腸内で「腐敗」が起こっている状態です。腐敗・・・恐ろしいですね。

 

反対に、腸内環境が良いというのは「発酵」が起こっている状態です。健康的な発酵であり、腸内がしっかり働いている証拠です。

 

私たちは腐敗も発酵も繰り返しますが、発酵が少ないと病気になってしまう恐れがあります。

 

妊娠にも影響が出てきますね。腸内の発酵を促すには「菌」が必要なんです。よく皆さんも聞く「善玉菌」です。腐敗を起こすのは「悪玉菌」ですね。

 

善玉菌が少なくなると悪玉菌に負けてしまいます。なので善玉菌を増やさなければなりません。善玉菌を増やすには食事が一番大切です!!

 

腸内環境を整えよう

 

腸内環境を整えるには善玉菌を増やすことですね!善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなるものをたくさん摂取することです。

 

善玉菌のエサは高炭水化物・高繊維食の食事をとるのが良いでしょう。きのこは食物繊維を豊富に含んでおり、善玉菌の良いエサになりますね。

 

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_sまた、ヨーグルトには善玉菌であるビフィズス菌やガセリ菌が含まれています。

 

このビフィズス菌やガセリ菌はいわゆる乳酸菌です。乳酸菌を腸まで送り届ければ腸内環境も整えられます。

 

しかし、注意が必要です。

 

乳酸菌には腸まで届くものと途中で死滅してしまうものがあります。

動物性の乳酸菌はほとんどが途中で死滅してしまい、腸までたどり着きません。

 

ですから、腸まで届く植物性乳酸菌が必要なんです。これは、ヨーグルトなどのメーカーが売りにしているところですね。腸まで届く乳酸菌という言葉が大切です。

 

有名なところですとそういったことまでしっかり考えて商品が作られています。パッケージやCMなどを注意して見てみましょう。それでも乳酸菌はまだまだ弱い菌ではあります。

 

じゃあどうしたら乳酸菌がしっかり腸まで行き届くのか。

 

乳酸菌を助ける納豆菌

5363d2e4008556f6b798e9bf41ad5a9e_s

そこで大切なのが納豆菌です。なんと納豆菌は乳酸菌を助けるのです。

 

乳酸菌と一緒に納豆菌を摂ると、乳酸菌が増えてくれるんです!!

 

科学的に乳酸菌の培養に納豆菌を投入し増やす方法はよく行われています。

 

なので、乳酸菌の食材と一緒に納豆菌も摂るようにしましょう!乳酸菌は漬物や味噌にも含まれる、乳酸菌はヨーグルトだけではありません。

 

漬物や味噌には植物性乳酸菌が含まれています。なので、食事にプラスでお漬物を食べるのは非常に良いでしょう。お味噌汁も同様ですね。

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

日本人の和食というのは本当に健康のことを考えた食事だということがわかります。

 

欧米化の食事で肉などを食べる人が増えていますが、腸内環境を整えるには『和食』が一番です。

 

栄養バランスも良く、善玉菌も増え、腸内環境もバッチリですね。

 

菌の話

 

菌がどれだけ大切かというのはわかりますよね。ただ、菌って本当にたくさんありますし、増えたとか減ったとか目に見えないのであまり実感がわかないものです。

 

余談にはなるのですが、菌を題材にしたアニメがあるんです。「もやしもん」というアニメですが、非常に人気があります。

 

そこではさまざまな菌が紹介されており、知識としても見ると良いかもしれません。主人公だけが菌の見える特異体質という話なのですが、けっこうおもしろいです。

 

ほわ~っとした気持ちになれるアニメですね。そして、ここに出てくる菌たちがかわいい・・・。

 

意外と難しい話も出てくるので、大人でも楽しめちゃうかもしれません。この「もやしもん」を見れば、少しは菌に対して親近感がわくかも・・・?

 

余談にはなりましたが、こんなアニメが作られるほど「菌」というのは人にとって興味深い、そして重要なものなんですね。

 

菌活で妊活!!

 

腸内環境を整え、妊娠しやすい体を作りましょう!!菌活でぜひぜひ腸内環境を整え、待望の赤ちゃんを授かりたいですね。

 

 


あわせて読みたい

X