MENU
妊活
妊活
妊活先生 > 不妊 > 不妊の体験談 > 不妊治療で夫と喧嘩!体外受精で夫婦関係の絆が深まり・・・
 

ライター紹介ライター一覧

yosan

yosan

【出産経験者】私は現在38歳で、1歳3か月の娘がいます。
主人は3つ年上で現在41歳です。
主人が33歳、私が30歳の時に結婚をしました。
最初に就職した会社の同僚で、約10年間友達の関係を続けたうえでの結婚でした。
付き合ってから1年で結婚しました。
出産をするまで共働きでした。
私は短大を卒業後、20歳から出版会社の総務部で勤務し、総務、人事、庶務、経理を経験した後、24歳でIT会社に転職をしました。
IT会社では、営業事務、営業支援、営業として働いていました。

子づくりについては32歳から不妊治療を始め、タイミング療法、人工授精を経て体外(顕微)授精を行いました。
タイミング療法、人工授精で約2年間、体外(顕微)授精を約3年間 行いました。
不妊治療の末、娘を授かりました。

性格は明るく、悩んだときはより後悔しない方を選ぶようにしています。
不妊治療についても後悔しない方として選びました。
主人は優しい人で、私の選択を尊重し一緒に頑張ろうと言ってくれる人でした。
だから3年間、自分の収入のほとんどをつぎ込み不妊治療を続けられたと思います。
好きなことは、ミステリーを読むこと、美味しいものを食べること、新しいものを体験すること。
今は、初めての子育てを楽しんでいます。
それに伴い、子育てのグッツや知育玩具、ベビーにも優しい私の化粧品など、情報収集することも好きです。
子供は日々成長し、毎日違う顔で新しい発見があります。
試行錯誤をしながら娘といろんなことを挑戦しています。

不妊治療では、「子宝ねっと」という掲示板で、同じ地域に住む不妊治療をしている人、同じクリニックで不妊治療をしている人、と愚痴や悩みを相談したりと色んな話をし治療のストレスを解消してきました。
新しい人との出会いは好きです。
沢山の人との出会いは自分の考えを広げてくれますし、新しい見方を得ることもできるからです。

結婚して8年間、不妊治療をして5年間、色んなことを考え体験してきました。
これから二人目をと考えていますが、変わらず後悔しない方を選びながら沢山の新しいことに挑戦していきたいと考えています。

<ライターからのご挨拶>

 
X

ページの先頭へ