妊娠したときに摂取したほうがいい栄養成分として、「葉酸」という名前を読んだり聞いたことはありませんか?

 

もちろん、妊娠しやすい体にするためには、ストレスを貯めないことがとても大事です。

 

睡眠を多く取ったりして、身体的なストレスを軽くしようと努力している方も多いかもしれません。精神的なストレスも不妊につながる可能性があります。

 

では、葉酸を摂取すると、どうして不妊解消につながるのでしょうか?

 

葉酸の効能

 

妊娠を希望する方や初期妊娠の方は、一日に400㎍(マイクログラム)の葉酸を摂取するように、厚生労働省から推奨されています。

 

葉酸はビタミンB群の一つで、水溶性です。葉酸を妊娠前一か月前から妊娠三か月頃の初期に多めに摂取すると、胎児の神経管欠損症や先天性奇形の予防につながります。

 

自分にあった妊娠法

 

参考ページ⇒葉酸サプリ|妊活開始~妊娠初期(三ヶ月目)におすすめ

 

葉酸の働きとして、「DNAの合成」、「赤血球の形成」なども挙げられます。ビタミンB12と一緒に摂取して血液を作る効果があるため、「造血ビタミン」と呼ばれることも。

 

葉酸は水溶性ビタミンなので、調理の際に水に溶けて流れてしまい、思うような量が摂取できない場合が多いものです。これから子作りを考えている方、今妊娠中の方は調理方法も工夫する必要があるでしょう。

 

葉酸摂取で貧血予防

 

貧血というと、多くの方が連想するのは鉄分不足ではないでしょうか。貧血の原因は鉄分不足だけではなく、葉酸が不足した場合にも起きてしまいます。

 

葉酸とビタミン12を同時に摂ることで、赤血球の生成が活発になり、血液が作られていきます。葉酸が不足した場合、血液の中の赤血球が正常に機能しなくなり、「悪性貧血」と言われる状態になる場合も。

 

貧血でよく見られる、立ちくらみや頭が働かないなどの症状が現れたら危険です。

 

妊娠の度に貧血に

成人が一日に摂取することが理想とされる葉酸の量は、240㎍です。毎日の健康維持のためにも葉酸は必要ですが、特に妊娠前や妊娠後(授乳中)でも、一日に400㎍以上の葉酸を摂取したほうがいいとされています。

 

授乳中は赤ちゃんに必要な母乳を作るために、葉酸がいつもより多く必要となります。

 

アルコールを飲むことで葉酸が失われてしまうので、妊娠を考えている方や不妊でお悩みの方は、アルコールも控えて、妊娠しやすい体を目指したいものです。

 

ストレスで疲れた体に葉酸の力

 

葉酸には、上記で紹介した「胎児の先天性の病気リスクを回避する」「造血作用」のほか、脳の神経に働きかけ、精神を穏やかにする効果もあると言われています。

 

不妊で悩んでいる方、これから子ども授かりたいと努力している方は、自然とストレスが多くなりますが、その軽減において葉酸はとても重要な栄養素となるでしょう。

 

葉酸は水に溶けて効果的に摂取できない場合が多いので、サプリで摂ることがお勧めです。

 

サプリは病院で処方される薬と違い、ドラッグストアやコンビニで簡単に手に入れることが出来ます。化学合成の葉酸サプリより、天然由来のサプリメントを選ぶようにするといいでしょう。

 

空腹時に葉酸サプリを摂取することが葉酸の吸収に効果的ですが、一度に一日分を飲んでも尿になって流れてしまうので、何度かにわけて飲んでください。

 

葉酸サプリを飲み続ける

 

胃が弱い方が葉酸サプリをコーヒーなどと一緒に飲んでしまうと、胃炎につながるかもしれません。胃の弱い方は食後30分後、食後2時間までを目安に摂取してください。

 

おすすめの葉酸サプリ

妊活開始から妊娠初期までの方におすすめの葉酸サプリ

妊娠中期から授乳期までの方におすすめの葉酸サプリ

不妊・妊活が長引いている人におすすめの葉酸サプリ