MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 妊活の知識 > 妊活とは自然に妊娠する為に前向きな活動をすること!

妊活とは自然に妊娠する為に前向きな活動をすること!

1,539 views
50285cc98b5a3c0544b95a3a39e4ec6e_s

今の時代は、結婚したからといってすぐに赤ちゃんが授かると言った時代ではないようであります。

 

妊活とは?

まず、妊活とは自然に妊娠する為に前向きな活動をすることを言います。

 

妊娠しやすくなる体を作る事や、生活リズムを整えて妊娠する可能性を高める環境を作るということも妊活という事になります。

 

妊娠という現実は、望めば出来るという現代社会ではなく、妊娠に向けて円満な夫婦生活があればできるという物ではない事から、今や妊活に励む既婚女性が多くなっているというのが、現状の日本社会であります。

 

環境因子や、現代女性の体質の問題等、不妊という現実はとても奥が深い問題でもあります。

 

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s妊娠しない方法は誰しも知っているのに、妊娠しやすくする方法という事って改めて考えると知らないですよね。

 

子供を持ちたいと思っている女性ならば、結婚前から妊娠しやすい身体作りをしてもらいたいです。

 

今や、本当に周囲のママ達は高齢化していますが、高齢出産とは育児に関しても大変はリスクを伴いますから、妊娠出来る身体作りをしながら婚活もしてパートナーと巡り合ったもらいたいです。

 

女性の身体の構造からして妊娠出来る時期というのも限られておりますから、妊活を視野にいれながらも、自身の結婚についても独身女性には考えて貰いたいです。

 

先にもふれました様に、今の社会の環境問題からも考えられる様に、今の日本社会は決して妊娠しやすい環境下とは言えない思います。

 

そして、残念ながら女性にとっては優しい時代ではないと思います。

 

労働環境も女性の妊娠を応援するといった社会情勢とは、言い難いと思われます。

 

ですが将来的に子供が欲しいと思っている女性には、そう思った時にすぐに授かる身体作りを常にしていたもらいたいです。

 

自分にとって、望ましい環境作りを自らしていく事が必要な時代です。まして、高齢にて結婚してからの妊活だと現実問題とても困難が多いのです。

 

高齢出産が困難な理由

その理由としては、次の様な事が挙がられます。良く世間一般でも、最低でも35歳までに産んだ方がいいと言います。

 

排卵して妊娠に至る迄の女性ホルモンが大きく関係しているからなのです。

 

卵胞ホルモン(よくエストロゲンと言います)と呼ばれるホルモンが35歳を機に減り始めるのです。

 

40歳になると益々減りますから、妊娠も厳しくなりますが、流産という現実の数字もグンと上がるのです。

 

不育症という可能性もふえてきますし・・・授かる可能性としての現実は、かなりハードルが高くなります。

 

近年の医学の進歩から40歳を過ぎての妊娠・出産も大変に増えている事は事実でありますが、自然妊娠・出産となると現実は女性ホルモンの関係から困難が多くあることも、事実でありますから妊娠を視野にいれて逆算にして結婚するなんてことも、必要な昨今でもあると思います。

 

定期健診の受診のすすめ

妊活と同時に、独身女性にも行ってもらいことがあります。それは、定期検診の受診です。将来元気な赤ちゃんを産む為に必要な事です。

 

赤ちゃんを産む為の大切な子宮ですが、今は若い女性にも子宮頸がんが、とても増えております。

 

こうした事態になると、子宮の摘出といった最悪の見解も考えられます。こうなると、妊活はおろかといったことになります。

 

また、最悪の場合命さえも落としかねません。

 

定期検診で早期に発見された場合は、将来の妊娠も赤ちゃんと抱く事もできるのですから、定期受診は必ずしましょう。

 

日本は、定期検診受診率が低い事でも有名です。出生率の向上の為にも、定期検診の受診率を上げていきたいものです。

 

妊活とは、実は女性の身体を守る事に繋がっていると思いました。

 

妊娠前の女性が悩む女性特有の身体状況として、生理が重い月経困難症といった症状や、子宮の関する病気(チョコレート脳腫・子宮筋腫・子宮内膜症等)子宮に関する病気があります。

 

こうした病気を早期に発見して治療しておくことも、将来妊娠しやすい身体と作る事に繋がっています。

 

1年に1回がん検診等は必ず受診して、定期的に婦人科外来を訪ねて置く事で、妊娠しにくい子宮の環境作りをしておくことも必要だと思います。

 

妊活とは、きっと結婚して妊娠を意識してから行うものではないのでしょうね。結婚して自然に妊娠出来る事は、とてもラッキーな事とも言えると思われます。

 

将来赤ちゃんを…と思う女性は独身時代から妊娠を視野にいれて健康管理をしておく位で調度いいと思います。

 

妊活の具体的事例

そこで、日常的に女性が行える妊活として幾つか例を挙げていきます。妊娠しやすい人とそうでない人がいますよね。妊娠しやすい人の特徴として・・・

 

具体的な妊活手段

 

①身体を冷やさない事。

②食生活を整える事。

③運動を適度にすること。

④良質な睡眠をとる事。

⑤ストレスをため込まないこと

⑥日常的に自分の基礎体温を知っている事。

 

どれも、基本的な事ですが、実際に生活にこれらを取り行くて行く事はとても大変な事になると思います。

 

①の冷えですが、エアコンの風には本当に気を付けたいです。

女性の取っても大敵ですから。

 

②の食生活も、分かって入るけど実際に理想的な食生活を現実化する事ってとても大変ですが、自身の身体の事ですから出来る限りの事はしてあげてください。

 

妊娠を意識してからでは、間に合わない事もあります。

 

この様に、食生活の部類になりますが、妊娠してから「葉酸」の摂取を意識する妊婦さんがよくいますが、妊活中にこの葉酸についての勉強もお願いしたいです。

 

③の適度は運動も妊娠に比例します。ホルモンの分泌がよくなること、代謝が活発になることで、妊娠しやすくなります。ヨガやピラティスなんておすすめです。

 

ヨガ等は、妊娠してからも継続するといいですしね。女性にとっても、とても有効な運動になります。

bbecaa7106dde323c4b4eca6ad8e98cc_s

 

④の睡眠ですが、女性にとっても大敵です。睡眠は健康にとって不可欠な要素になります。

 

長いだけの睡眠時間ではなく、良質な睡眠の確保が妊娠しやすい身体にも大切になります。

 

⑤ストレスですが、日常的にストレスを抱え込まない様にすること、上手に回避できる様にすることが肝要であります。

 

よくあるケースですが、妊娠に関する事でストレスを抱え込む女性が多いのも現実問題あとしてあることです。

 

こうしたことで、ストレスをためる事で余計に赤ちゃんは出来にくいと言われています。プレッシャーに感じすぎる事は避けたいものです。

 

気持ちは痛いほどわかりますが、自然な夫婦生活を保てる様にする事が夫婦双方にとって大切な事になると思われます。

 

夫婦生活が義務になってしまうと、お互いにストレスにもなりますからダメですよ。お互いに、プレッシャーになる様な事は避けたいものです。

 

仲のよい夫婦の下に、コウノトリが運んでくる様に思いたいものです。

 

また、近年は男性側に関しても妊娠させるという事が、実に厳しい現実が多くあると言われています。

 

男性による不妊の原因

不妊の原因が実は旦那様の方にあるケースです。男性も妊活に参画するという事も、今や珍しい事ではないのです。

 

まさに、男女共同参画といった現実が妊活という現場でも起こっている様であります。

 

妊娠とは、女性だけに特化される出来事と思われがちですが、今ではこうした現実なのですね。

 

お腹が大きくなり、大変な思いをするのは女性ですが、妊娠に至る迄の活動においては男性も、最近は苦労も多く妊娠という事実に無関心ではいられない現実であります。

 

ご主人様も、奥様同様に悩む事も多いかも知れませんが、男性側に不妊の原因がある時は、ご夫婦でよく話し合い最前の方向に進むといいですね。

 

男性不妊については、またの機会にふれさせて頂きます。

 

また、女性としては妊娠に至る迄に心理的にも大きな不安やプレッシャーがあるのも事実ですので、ご主人には本当になって支えて貰いたいものです。

 

9848a7c1c1683703d441e9074e31417e_s女性が妊娠するという事は、体内バランス等も崩れがちになり通常の生活も大変になるのです。

 

そうしたことも、男性にはよくよく知っていてもらいたいです。

 

妊活中に、ご主人達には奥様を10か月支える覚悟や、子供を持つと言う現実をよく考えていうもらいたいです。

 

きっと、しっかりとした考えのあるご主人だと奥様の辛さを共有出来たり、一緒に赤ちゃんが授かる迄の歳月を歩んでいく事が出来ると思います。

 

妊活中に、こうした道筋があったご夫婦だときっと素敵なパパ・ママになれると思います。

 

きっと、人にはわからないご苦労も妊娠するまでにはあるかと思いますが、一人ではないですよ。きっと、同じ辛さを味わっている方がいますから。

 

妊活で、健康体になりながら赤ちゃんが来るその日を一緒に待ちましょう。陰ながらエールを送らせてくださいね。

 

 


あわせて読みたい

X