30後半の女性は妊娠しにくい」という事実がり、結婚すれば、すぐ妊娠できるという考えは捨てた方がいいらしいのです。

 

「まだまだ独身を楽しみたい」とか「結婚に縛られたくない」という理由で、結婚を先延ばしにしている男女が増えてきているようです。

 

そして、30代も過ぎた頃に「やっぱり結婚した方がよいのだろうか」と考えて婚活を始めている話をよく聞きます。

 

しかし、そんな現実が出産高齢化と不妊を招いているかもしれません。

 

生理があるから妊娠可能?

 

多くの人は「避妊しなくて性交渉したら妊娠できる」と軽く考えている傾向にあります。

 

だから、30代後半でも、40代前半でも望めば妊娠できると考えて、焦ることなく晩婚化が進んでいる可能性もあります。

 

しかし、女性の卵胞は年齢とともに減少していくのです。

 

精子が卵子と出会って着床して妊娠なので、卵胞から卵子が出なければ妊娠は不可能。

その卵子の数が減っていくとは・・・。

 

卵胞の数は女性がまだ母親の胎内にいるころに一番多く持っていて、30代に年を重ねるごとに減少します。

卵胞の数が減少

そして、卵胞の数は個人差がありますが、女性が胎内にいるころにあった卵胞の数は600万個もあったのに対し、30代後半では約2万弱までに減少してしまうという事です!

 

しかも卵子は生理の時に育った卵胞が排卵まで生きることができず、最終的に生き残るたった1個の卵子が子宮にと行くわけです。

 

その後、卵子と精子が結びつかなければ、いくら避妊せず性交渉をしても、受精されることもないし、ましてや着床できなければ妊娠はできないのです。

 

実はこの過程以外にも着床までの道のりは、数えきれないほどのプロセスを経て着床して妊娠なのです。

 

ですから、妊娠は当たり前のことではなくて、非常に神秘的なものと言えるのです。

 

卵子も人間同様老化する

 

しかし、妊娠が30代後半には難しくなる理由はそれだけではないのです。人間、年齢を重ねると色々と老化してしまうのは避けられない事実です。
なんと卵子までもが老化してしまうのです。老化すると卵子の動きが鈍くなるのです。
今まで元気だった卵子だって動きが鈍くなり、子宮まで辿りつけなかったりなんて現象も・・・。

 

早めの妊活が大切

 

結婚だけなら、30代、40代、50代いつの時代でもできますよね。人によっては、再婚再婚を重ねて60代で結婚したりなんて方もよく聞きます。

 

しかし、妊娠と出産をしたいと考えるならば早くしなければと考えて下さい。

 

女性側は妊娠率がグンと下がる30代後半までには、妊活をスタートすべきでしょう。

 

40歳近くなると自然に妊娠できる確率は激減します。しかも、その時点から不妊治療を始めても成功する確率だって低いのです。

 

また、高年齢出産は、さまざまなリスクを伴い赤ちゃんの成長を阻害するリスク、母体に危険が及ぶ可能性も否定できません。

 

男性側は、特に女性と違って望めばもう少し後から子供を持つことも可能です。
60歳近くでパパになる人だっています。

出産後は子育て

しかし、子供を持つという事は「出産して終わり」ではないのです。

 

子育ては子供が成人する20年あります。育児の体力も考えたら、やはり男性だってなるべく早期に子供を持つことがいいと考えられます。

 

まずは、妊娠はいつでもできるものという考えを捨てて、子供を持つことを真剣に考えるならば、早めの妊娠を考えることをススメします。