「産後、ウソみたいにゴッソリ抜け始めた……」「この抜け毛はいつまで続くんだろう?」とお悩みではないでしょうか? 産後の抜け毛は、女性ホルモンの急激な減少によって起こりますが、半年から約1年かけて自然に回復するとされています。

 

今回は、産後抜け毛の原因から『髪型でカバーする方法』に加え、シャンプーやサプリによる対策法、予防法まで、産後の女性なら誰もが知っておきたい情報をご紹介します。

産後の抜け毛はいつからいつまで?抜ける量は?

産後の抜け毛は、出産から4ヶ月以内に起きることが多く、1日に200~300本以上の量が抜けますが、約1年かけて自然に回復していきます。

見出し1

『分娩後脱毛症』や『産後脱毛症』とも呼ばれ、特に珍しい症状ではなく、産後女性の約70%以上が経験しています。

通常は、1日100本~150本ほどの量が自然に抜け落ちるとされており、産後はその倍以上になるため、実感する抜け毛の量は明らかに違ってきます。

 

「産後抜け毛はいつからいつまで続くの?」といった声も多いのですが、抜ける量や回復期間には個人差があり、結果的には、女性ホルモンの分泌量が落ち着くと同時に、産前の状態に戻ります。

 

産後の抜け毛の原因は「女性ホルモン」

産後の抜け毛は、女性ホルモンの激減によって、休止期にあった毛が通常よりも多く抜けます。2人目や3人目、高齢出産になるほど、ホルモン減少の影響を受けやすくなるため、抜け毛の影響を受けやすく、回復にも時間がかかるとされています。

 

見出し2

また、授乳やオムツ替えなどでも、十分な睡眠が取れず、食事も不十分になりがちで、ストレスにも繋がります。これらは血行不良の元にもなり、頭皮に栄養が届かなくなるほど髪の毛がやせ細り、その結果、抜け毛の原因にもなります。

 

女性ホルモンの急激な変化は止めらないため、その間は髪型をうまくカバーする方法をおすすめします。

 

抜け毛でバランスが崩れた髪をうまくカバーする方法

髪が抜ける事によって、理想の髪型ができない状態に、ストレスを感じる女性が多くいらっしゃいます。

そんな時期に限って、外出をしなければいけない、自宅に友人がくる場合もありますが、髪型を変えたり、ウィッグをつける事で抜け毛の箇所をカバーする事もできます。

ロングヘアーで抜け毛が目立つ方、前髪の抜け毛が気になる方は、以下の方法を試していきましょう。

 

ロングヘアは髪型を変えるか『ウィッグ』で隠すのがベスト

ロングヘアの方は注意が必要で、頭皮環境が悪化していたり、髪の毛自体が弱っていると、重さに耐え切れなかったり、ブラッシングの際にもつれたりすることが多いため、ショートヘアより抜けやすいとも言われています。

見出し3

実際に、ショートヘアにしてから抜け毛が減った女性もいて、「ショートヘアの方がボリュームが気にならない」といった声もあります。

ですが、今までずっとロングヘアだった方が突然ショートヘアにするのは抵抗もあるため、一時的にウィッグを試すのも良いでしょう。

 

「不自然に見えるのが心配」という不安もあるかもしれませんが、つけ心地も見た目もナチュラルなウィッグもあるので、自分に合ったものを見つけるのはそう難しくないはずです。

 

前髪が揃わない状態をカバーする

ほか、前髪の抜け毛が多くて、不揃いの状態になってしまう女性も多くいらっしゃいます。その場合、ヘアピンやニット帽子である程度隠すことができます。

見出し4

ベストは、ご自身か美容室で、一旦切り揃えてから生え揃うまで待ち、そこから理想の髪型に変えていくと良いでしょう。

美容室では、頭皮の刺激に繋がるカラーは止めて、シャンプーもオーガニックにお願いするなど、頭皮への負担は避けておきましょう。

 

産後の抜け毛で行っておきたい2つの対策

見出し5

産後の抜け毛は、育毛シャンプーとサプリが有効な対策ですが、もし、抜け毛が1年以上続いたり、円形脱毛が見られた場合は、医療機関へ相談しましょう。

まず、徹底したい対策からご紹介します。

 

抜け毛が気になってきた方の対策

産後の抜け毛に悩む女性が多いためか、女性用の育毛グッズも多く取り揃えられています。 現在では、授乳中でも使える女性用の育毛剤や、育毛成分をピンポントで摂取できるサプリメントもあるため、手間をかけず対策をしたい方におすすめです。

 

・授乳中でも使える女性用育毛剤

マイナチュレ

 

・@コスメの「育毛剤」で第一位

・女性のためだけに作られた無添加育毛剤

・90日間の返金保証あり

 

・育毛成分を効率的に摂取できるサプリメント

マイナチュレサプリ

 

・完全無添加

・109種類の植物酵素

・毛髪・頭皮ケア、健康維持、美容、血行促進の成分を1粒に凝縮

 

抜け毛が1年以上続く、円形脱毛の場合は病院へ

産後の抜け毛は約1年で落ち着くとされていますが、抜け毛が1年以上続く場合や円形脱毛が見られた場合は、「産後の抜け毛以外の原因」が考えられる為、専門医への相談をおすすめします。

 

円形脱毛の診療は皮膚科となり、1年以上の抜け毛が続く場合で、早く回復させたい方は、上記で紹介した対策と、次に紹介する予防法と注意点をご参考下さい。

 

抜け毛の予防法と注意点

産前から抜け毛をしっかり予防したい方は、髪の毛を健康に保つことが重要となるため、栄養摂取、半身浴の継続がおすすめです。簡単に実践できますが、注意点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

見出し6

髪の毛の主成分となる栄養素

栄養摂取を行うことで、体の機能が向上し、髪を生み出す力がサポートされます。

産後ダイエットで食事制限をする女性もいらっしゃいますが、栄養不足によって抜け毛が多くなる原因にもなります。

 

特に完全母乳で育児されている方は、母乳を作り出す為に多くのエネルギーを必要としますので、偏った食事は避けましょう。

積極的に摂りたい栄養素は、以下の通りとなります。

見出し7

これらの摂取を心がけておけば、髪の毛の健康に大きく役立ちます。

 

半身浴は血行促進と産後ダイエットにも役立つ

半身浴では、頭皮の血行促進に繋がるだけでなく、カロリーをうまく消費してくれるため、産後ダイエットにも効果的です。

 

37~40度のぬるめのお湯に30分入るだけで、およそ48キロカロリーが消費されます。ほか、心身のリラックスとストレス軽減にも役立ちます。

 

育児中はゆっくり入浴する時間を取るのも難しいかもしれませんが、産後ダイエットも考えている方にはおすすめです。

 

日頃から注意しておきたい点

日常生活での注意点としては、頭皮にできるだけ刺激を与えないことが大切になってきます。

具体的には、

・紫外線に気をつける

・頭皮の血流を悪化させる喫煙

・パーマやカラー、縮毛矯正はしない

・スタイリング剤を使用しない (使用した場合は入念に洗髪を!)

・髪の毛をきつく結ばない

・長時間ドライヤーを使用しない

などが挙げられます。

 

産後抜け毛の多くは自然回復するもの

産後の抜け毛は、女性ホルモンが主な原因となっており、ほとんどの場合、約1年で自然回復することがご理解頂けたと思います。

 

抜け毛が気になる間は、急な外出や来客において、髪型やウィッグでカバーすることも可能ですが、対策として育毛剤やサプリメントがあります。

 

また、抜け毛が1年以上続く、円形脱毛が見られる場合には、速やかに専門医に相談してください。

 

産後、多くの女性が悩んでいる抜け毛ですが、これらの対策が、少しでも抜け毛を抑える方法として役立てると幸いです。