当サイトは、専門家と確かなエビデンス(証拠・根拠)によって、極めて正確性の高い情報発信を心がけています。

 

【胚培養士】仲宗根 康

仲宗根さん

1972年1月26日生まれ。

琉球大学農学部を卒業後、アメリカに留学。

 

帰国後、胚培養士として産婦人科にて15年間で1000例以上の体外受精および人工授精に携わる。

 

その後、胚培養士として蓄積したノウハウをもとに独立して整体院を開業し、独自の理論を実践。

 

その結果、不妊治療の常識を覆す数々のアプローチにより、年齢に関係なく妊娠率81パーセントという高い実績を残す。

 

全国から訪れる、不妊で悩める人たちに本物の情報・技術・知恵を伝えるため、2014年に一般社団法人日本メディカルリフレ協会を立ち上げ、「正しい情報を得て実践すれば卵子は若返る」をモットーに、妊活・不妊コンサルタントとして正しい知識を伝えるために、全国各地で講演活動を続けている。

 

著作:妊活に不妊治療はいらない 産婦人科医も知らない妊娠の新事実

http://books.rakuten.co.jp/rb/13462135/

胚培養士とは?

 

「胚培養士」とは、不妊治療の現場で、医師と同様に重要な役割を担うスペシャリストです。

 

実は不妊治療の現場では医師が体外受精や人工授精を行っているのではありません。

 

精子と卵子を直接取り扱い、「体外受精」や「人工授精」を行なって、着床まで確認するのは胚培養士の仕事です。

 

不妊治療を行うクリニックを開業する際、医師がいちばん気にするのは、腕のよい胚培養士と組めるかどうか?なのです。

 

あまり知られていない存在ですが、不妊治療の成功率は胚培養士にかかっていると言っても過言ではありません。

 

 

女性から取り出した卵子を培養する、卵子に精子を注入する、受精卵を凍結する、こうした1つ1つのプロセスで高い技術が必要となります。

 

胚培養士は卵子と精子を知り尽くした唯一の存在なのです。

 

 

 

【妊活セルフケアアドバイザー】カー 亜樹

 

大学卒業後、オーストラリアで4年半過ごし帰国。

帰国後は、パソコンインストラクターやヘルプデスクサポートに従事。

大きな子宮筋腫が見つかり、手術の3年後、高齢出産で1児を授かる。
子供はまだまだいらないと、のんびり構えているうちに、結婚後あっという間に10年がたち(結婚後1年たってもできないと不妊といわれている今、私は完全に不妊だったのかもしれない)赤ちゃんが欲しいと思ったときには遅い、欲しい時にすぐに授かるものではないと知る。
2010年よりヨガ講師として、産後女性の心とカラダを癒すヨガを神戸で開講。

 

ママを笑顔にして子供を笑顔にするヨガを全国展開。

ヨガの癒しが、妊活に非常に良いという海外の研究を目にし、赤ちゃんを授かるお手伝いをしたいと決意。
日本では、海外に比べて妊孕性の教育が非常に遅れていることが、不妊で悩む女性を増やしているという想いから、卵子の劣化について、卵子を元気にするセルフケアについて、赤ちゃんを望む女性にまず知っていただくための活動をスタート。

アロマテラピー、イメージング、経絡ケア、ヨガで、乱れた自律神経のバランスを整え卵子を元気にする独自のメソッドで、妊娠を望む女性向けにセルフケアを指導。
様々な専門家とコラボしながら、自分の赤ちゃんを抱く喜びを一人でも多くの方に感じていただくため奮闘中。

著書:「ママを癒す産後ヨガ」DVD付き書籍 日東書院本社
https://goo.gl/6DobRp