妊活中、不妊が長引いている人、妊娠初期・中期から後期、さらには授乳期まで、様々な方がこのサイトを閲覧されます。

 

そして当サイトでは、それぞれの人に深く理解が頂けるよう、3人の質問者が登場します。

 

それが、以下の3人です。

 

サユリ|妊活中・20代後半の女性

sayuri-ninkatutyuu 結婚から1年経って、妊活を開始しました。

妊活歴は6ヶ月で、不妊状態はまだ長引きそうな予感がします。

 

主人と二人暮らしで、たまに実家に帰ると「早く孫が見たいわ~」と母親に急かされています。言われなくても頑張っているのに。。

 

最初は健康管理、それから生理周期・基礎体温・排卵周期の把握。これらをスマホアプリで行うようにしました。そのほか、健康関連から妊活関連までの書籍を読み漁りました。

 

それでも妊娠出来ず、病院で指導を受けることを決意。

 

それから血液検査でホルモン値のチェック、感染症のチェック、超音波エコーでのチェック、子宮鏡検査。

 

幸い、主人の精子は基準値をクリアしていたので、そこからステップアップ方式で、タイミング法、ホルモン注射、人工授精まで行いました。それでも妊娠に至らなかったので、体外受精(ショート法・排卵誘発)にもトライ。

 

そこで分かったことが、卵子の質が悪いという事。母体に移植できるまでに成長したのはわずか2個。受精卵のグレードが高ければまだ良いのですが、低いグレードでした(><)。

 

卵子の質が悪いと分かったことで逆に心機一転。

低い卵子の質を上げるために、より健康管理に気を配るようになりました。

 

睡眠と食事の充実。

サプリメントを飲む。

半身浴で身体を温める。

冷たい飲み物を避ける。

整体や鍼灸に通うetc…。

 

現在、「絶対いつかは妊娠できる(><)」と信じて、主人と二人三脚で妊活に励んでいます。

 

アリサ|妊娠初期・30代前半の女性

arisa-ninsinsyoki妊娠2ヶ月。初めての妊娠で不安だらけなので、ネットサーフィンばかりしています。

特に興味があるのが、「赤ちゃんへの悪影響を避けるための情報」

 

・どんな食事をすればいいのか。

栄養が足りない分はサプリを摂る方がいいのか。

サプリならどんなサプリが安心なのか。

 

とか、、

 

産まれる前後でどのくらい費用がかかるのか。

マタニティブルーの対策はあるのか。

産後でも雇ってくれる会社はあるのか。

 

などなど、今のことだけじゃなくて、産まれたあとの事まで考えているので、少し寝不足気味になっています。

 

ユウコ|子育て経験者・40代前半の女性

yuuko-kosodatekeikensya子育て経験者。

高校生になる一人娘がいて、可能なら二人目で男の子が欲しいと考えています。

 

長女が子どもの世話をできるくらい成長したので、2人目の子育ては1人目よりはラクかなと。

 

ただ心配なのが、40代でも妊娠して無事に出産できるものか、高齢出産をするリスクはどんなものか、体力的な問題で母乳ではなく粉ミルクの場合、赤ちゃんには悪影響がないか、といったものです。

 

あと、赤ちゃんが産まれたあとの事で、若いママ友と付き合えていけるのかも心配です。