MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 妊活の知識 > パワーストーンで妊活成功!妊活に効果のある石の紹介【体験談】

パワーストーンで妊活成功!妊活に効果のある石の紹介【体験談】

20,582 views
fdb886b569787f1f136d5b4a99912364_s

パワーストーンは誰もがご存知かと思います。

 

この石を持っていると力が発揮できる、運が良くなるといった石がありますが、当然、妊活に有効な石もあります。

 

私の場合、パワーストーンを扱っているサイトで、自分の願いに合う石をお店の方が選んでくださり、ブレスレットにしてくださったものを着けていました。

パワーストーンを身につけた結果

 

それまで、パワーストーンに興味がなく、特別な思い入れもなかったのですが、とにかく神頼みでなんでも試していた時期だったので、その中の一つとしてパワーストーンのブレスレットを試したわけです。

 

妊活期間と妊娠直前にそれぞれ1つずつ購入したのですが、私は効果があったように思います。

 

はじめのパワーストーンのブレスレットが手元に来てからは、基礎体温が安定し、排卵検査薬の反応も以前よりもはっきりしました。

 

一番驚いたのは、毎月妊娠検査薬が生理の予定日に反応するようになったこと!

でも、2日くらいで消えてしまいましたが。きっと化学流産だったんでしょうね。

 

妊娠検査薬の反応がなくなってしまうと確かにがっかりしますが、「もうすぐなんじゃない!?」と希望をもらえたのは事実。

 

毎月、妊娠検査薬で検査するのが楽しみでした。

 

でも、さすがに4ヶ月も続くと、「妊娠検査薬がおかしいのか?」と思えてきて、パワーストーンのオーナーさんに愚痴ると、

「赤ちゃんがしっかりおなかの中で過ごせるように、ちょっと石を変えましょうか?」と提案してくださいました。

 

ということで、追加でオーダーメイドのパワーストーンのブレスレットを作成していただき、購入。なんと、その1ヵ月後に妊娠しました。

 

53e39f449e6f0cc2a04c0f07d4e0e6a1_s

「そんなのたまたまだよ~」と思われるかもしれませんが、当時、パワーストーンを身に着けていると、本当に心穏やかになり、赤ちゃんがやってくる気がしていたのです。

 

以前の記事の中でもお話しましたが、日常生活や食生活を本の通りにどんなに整えても、心が荒んでいたらよい環境とはいえません。

 

もしかしたら、パワーストーンの効果は完全な思い込みだったのかもしれませんが、その思い込みが心と身体の安定をもたらし妊娠につながったのだとしたら、十分効果のあるものだといえるのではないでしょうか?

 

なので、現在妊娠を希望していませんので、そのパワーストーンのブレスレットはお蔵入りになっています。

 

パワーストーンブレス

 

パワーストーンのオーナーさんは、「妊娠だけに効果があるわけではないので、是非日常的につけてくださいね。」と仰ってくださいましたが、なんとなく恐くて着けられないのです。

 

さて、では実際にどんなパワーストーンが妊活効果があるのでしょうか?

 

私が身につけていたパワーストーンのブレスレットに使用されていたパワーストーンをご紹介します。

 

パワーストーンの意味

 

カーネリアン

カーネリアンは赤色系のメノウの石で、情熱的な色調をもつことから、夫婦の愛情を結びつける石とされ、古くから子宝・安産の守り石として愛されてきたのだそうです。

 

マザー・オブ・パール

 

マザー・オブ・パールとは、真珠の母をあらわすのだそう。使用しているタカセ貝が真珠を作る時の核になるため、このように名づけられました。

 

真珠を育むという名前のとおり、子宝・安産の象徴なんですって。白く、やさしい光は、女性のお守りとしても愛されてきました。

 

琥珀

 

琥珀は樹液が長い年月をへて宝石となった石です。多くのものを包み込んで成長した石であるからか、夫婦愛を高めるパワーストーンといわれているのだそう。

 

現在では、子宝、安産、流産防止のお守り石として愛されています。

 

ローズクォーツ

ローズクオーツ

ローズクォーツは恋愛運を中心とした女性の全体運を高める石だそうです。
やさしいピンク色は気持ちを癒してくれますね。

 

ピンクサンゴ


母なる海から生まれたサンゴは、古来より幸運、金運をあらわすパワーストーンとされてきたのだそう。

 

独特のピンク色から「血のお守り」とされ、「女性のお守り」、「子宝・安産を願う石」としても愛されています。

 

翡翠


翡翠は古代から愛されている魔よけの天然石で、生命力を象徴する子宝・安産の守り石です。

 

水晶


いわずと知れたパワーストーンの代表格。水晶は災いよけ、魔よけの代表的なパワーストーンです。私ははじめ、カーネリアンと水晶だけのブレスレットでした。

 

その後、流産しないようにということで、マザー・オブ・パール、琥珀、ローズクォーツ、ピンクサンゴ、翡翠でブレスレットを制作していただきました。

 

どちらも、今見てもとってもきれいです。久しぶりに着けてみようかな?と思えました。

もしどのパワーストーンにしたら良いか迷う方は、1つ1つ意味が説明されたこちらのサイトがおすすめです。

>>パワースポットで浄化祈願されたパワーストーンを扱う「ココロパルレ」

 

パワーストーンの浄化

 

パワーストーンは、石のエネルギーをクリーンな状態に戻す浄化」が必要となります。

 

65261a0c238bf41a994d6588250b0d82_s

石は、毎日身につけることでマイナスエネルギーを吸収しますので、浄化することにより、純粋な石のエネルギーを引き出し、パワーストーンとしての働きが、グンとよくなります。

 

妊活で心身ともに疲れている方は、気持ちだけでも落ち着かせる為のアイテムとして活用しても良いかと思います。


あわせて読みたい

X