MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 不妊の体験談 > 妊娠を諦めたら妊娠出来た!不妊治療から自然妊娠できた理由とは?

妊娠を諦めたら妊娠出来た!不妊治療から自然妊娠できた理由とは?

27,502 views
妊活は神頼み?

「妊活」、というと何を思い浮かべますか?

 

毎日基礎体温を測る、ストレスをためないで健康的に生活する、身体の調子を整えて妊娠し易い体に整える、夫とのコミュニケーション…など様々なことを思い浮かべることができますね。

 

そのなかで、私が二人目にチャレンジ中だったとき、何よりも熱心に調べて実行していたのは、「おまじない」です。

 

笑っちゃいますか?

 

この記事を読んでくださっている方には、「わかる、わかる」と理解してくださる方もいらっしゃるのではじゃないでしょうか。

 

やっぱり神頼み?

 

基礎体温を測ったり、健康的な生活を心がけたりするのは、自分流とはいえ私も行なっていました。でも、妊娠できない…、となったら神頼み!なわけです。

 

「えー!」という声も聞こえてきそうですが、これは実は今考えるといい精神安定剤になっていたのではないかと思います。

 

基礎体温を測る、健康的な生活、妊娠し易い体に整えると先ほどあげましたが、基礎体温は客観的データなので置いておいて、後の二つは自分に対して行なうものですよね。

 

妊娠しないのは私のせい?

 

妊活をされている方は妊娠し易くなるといわれる食べ物を試したり、運動したり、不妊治療をされている方もいらっしゃると思うのですが、それをしても妊娠しなかった場合、「私の体がダメなのかしら?」と自分を責めてしまいませんか?

 

私は自分を責めていました。一人目ができているだけに、できないのは自分の行いのせいだ!と、毎日基礎体温表を眺めては、日数を数えたり、ため息をついたりしていたものです。

ため息をつく

でも、これではよく考えたら妊娠しそうにないですよね。毎日基礎体温表眺めてる人のところに、赤ちゃんが降りてきたくなるわけがありません。

 

子どもは授かりものといわれるように、不妊治療の進歩により、医学でなんとかできる場合もありますが、医学の力を以ってしてもどうにもならないこともあるのは事実です。

 

諦めたら妊娠した?

 

それによく聞きませんか?「不妊治療をずっとしていたんだけど、妊娠できないから諦めたら、そのあと妊娠した」という話。

 

あのジャガー横田さんも、不妊治療をずっと続け、休憩した期間に妊娠したと会見で述べていますね。私の周りにも2人、そういう方がみえます。

 

一人は1年ほど不妊治療を行ないましたが、妊娠には至らず、たまたま受けた検診で胆石が発見されて手術を勧められたために一時不妊治療をやめた方が居ます。

 

その後すぐに妊娠してしまい、手術との兼ね合いに嬉しい悲鳴をあげていました。

 

もう一人は2年間の不妊治療後、夫婦で話し合って、「子どもは諦めて、仲良く暮らしていこう」と誓った数ヵ月後、二日酔いと思っていたら妊娠していたと嬉しい報告を受けました。

不妊治療をせずに妊娠

彼女は不妊治療しなければ、絶対妊娠しないと思い込んでいたようで、しばらく妊娠に気がつかなかったようです。

 

不妊治療からの解放

 

これらのことは不妊治療が悪かったのではなく、不妊治療によって妊娠の確立は格段にあがるけれど、絶対ではないということと、不妊治療を勧められた方でも、自然妊娠するということを表していますね。

 

加えて、不妊治療のために基礎体温とにらめっこしたり、病院通院のスケジュールを考えたり、妊娠のための体作りを考えたりといったことから開放されたときに妊娠していることから、本当の意味でのリラックスが必要なのではないかということも分かります。

不妊治療から解放される

でも、「じゃあ、今日から妊活やめます。忘れます。」ってできないですよね。

 

確かに、不妊治療をやめてから妊娠したという話はよく聞きますが、不妊治療をやめて、そのまま授からなかったという方はいるはずです。

 

そういった方は公言することはあまりないはずですので、実はすごく多いのかもしれません。なので、やめたら、本当にできなかった、ということにもつながりかねません。

 

自分を追い詰めない

 

私の友人の名言に「妊娠のチャンスは1年に12回だけなのよ!」というのがあります。

 

排卵は1年で大体12回くらいなわけで、そこでうまく合わなかったら妊娠できないのよということなのですが、一人目妊娠前はしっくり来ませんでしたが、二人目妊娠前は頭の中にその言葉がぐるぐる回っていました。

 

そこで出てくるのが、神頼みなわけです。神頼みと不妊治療とは両極端の位置にありますよね。まったくもって当てにならない。

 

でも、当たるかもしれない、というゆるい感じが、妊活中で殺伐とした気持ちになったときに、有効なのではないかと思うのです。

 

不妊治療をしていたりすると、「あの先生が悪い」「私の身体の調子が悪かったから」などと、わかりやすいものに原因を求めていらいらしがちになりますが、神頼み・ジンクスはそういった点では、最初から当てにならないので、妊娠できなくても「まあ、こんなもんか」と諦めもつきます。

まあこんなものか

不妊治療のように決められたスケジュールで動くのではなく、「では、他にないかな~」と自分自身で探す楽しみもあります。

 

神頼みやジンクスを行なったり、調べたりすることで、ちょっとした非日常になるものなのですよ。

 

ということで、次回は私の知っている神頼み、ジンクスをそのときの結果も混ぜながら、ご披露したいと思います。

 

 


あわせて読みたい

X