メルマガ登録フォーム

メルマガの登録はこちらから

 

メールアドレス


メールアドレス


 


妊活を始めて1年以上経過してしまい、「自分が不妊症ではないか?」と不安を感じる人も多いのではないでしょうか?

 

また、現在産婦人科で不妊治療を受けている人は、このまま治療を続けていても、本当に今の治療内容で妊娠できるのか不安を感じてる人も少なくないはず。

 

今では7組に1組のカップルが不妊の時代だと言われています。

 

不妊治療は精神的にも大変な苦痛ですが、健康保険適用外となり、その費用も多くかかります。

不妊治療を受け、体外受精までいくと、1回あたり50万円ほどかかるケースがほとんどです。

 

1回での妊娠なら50万円。それで授かるならとても嬉しいことですが、残念ながら1回で妊娠する確率は低くく、数百万円かかる方も多くいらっしゃいます。

 

ここで産婦人科での一般的な不妊治療の流れを確認すると、

 

タイミング法→人工授精体外受精

という段階に進むわけですが、はたしてこれが本当に正しい流れなのでしょうか?

 

不妊治療でいいの?

 

結論を言えば、不妊治療を受ける患者によっては正解であったり、不正解であったりします。

身体の状態によっては不要であり、身体に負担をかけてしまうだけの治療も存在するのです。

 

ただ残念なことに、正しい不妊治療の方法や、情報を教えてくれる人は、ほとんどいらっしゃらない現実があります。

 

病院や産婦人科へ行っても、検査をしてタイミング療法という、決まったところから始まるでしょう。

 

ですが不妊治療においては、その過程で体にとって宜しくないものも使用されるため、逆に妊娠しにくい体質になると言われています。

 

さて、下記の項目を見て、当てはまってる人はいないでしょうか?

 

・不妊治療を病院任せにしている。
・タイミングを取る日は排卵日だと思っている。
・人工授精で妊娠できると思っている。
・年齢が一番重要だと思っている。
ホルモンを補充したほうが妊娠しやすいと思っている。

ほんの一例ですが、いくつ該当していますでしょうか?

 

お金と時間を不妊治療で費やすのに、その内容が適切でなかったら、悔やんでも悔やまれないかと思います。

 

しかし、上記の内容に該当する数が多い人ほど改善の余地もあります。

 

不妊症であれば、必ず不妊治療をしなければ妊娠できないと思っていませんか?

 

もちろん、不妊治療が悪いと言ってるのではありません。

 

身体の状態によっては、不妊治療を受ける必要はなく、体質改善をすることで妊娠しやすい体質になることができます。

 

「本当なの!?」と思ってしまいますよね。

 

ご紹介が遅くなりましたが、実は、体質を改善させて妊娠に導く専門家がいます。

沖縄出身の胚培養士の仲宗根康先生です。

 

「妊活に不妊治療はいらない」という本を出版しており、アマゾンランキングの妊娠・出産部門、不妊治療部門でも1位を獲得させて頂きました。

内容は、これまでの不妊治療の常識を覆すものとなっています。

hon

15年間にわたり、産婦人科での胚培養士として1,000例以上の体外受精および人工授精に携わり、その後、整体院を開業。

 

そこで多くの患者さんたちと接するうちに、妊娠しやすい体質に導く方法を確立します。

 

結果、年齢に関係なく妊娠率が81%という実績を出しています。

その経験を元に、今では妊活・不妊コンサルタントとして正しい知識を伝えています。

 

この5日間のメールマガジンでは、日々の詳しい動画説明で学ぶことにより、不妊に関する間違った意識を修正することができます。

 

自分が不妊症ではないか?と不安を感じている方、これまで産婦人科の患者として不妊治療をしてきた方、こういった方々にとっては、必ずお役に立てる情報ばかりです。

 

専門家が考える「妊娠しやすい体質作りが出来る方法」は、実践しやすく、高い効果がある事も確認できています。

それらの情報を得て、今後の妊活に活かしたい方はぜひご登録ください。

 

メルマガ登録フォーム

メルマガの登録はこちらから

メールアドレス


メールアドレス