MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 不妊|食生活 > 不妊中に納豆を食べる効果|豊富な栄養素が含まれた食品

不妊中に納豆を食べる効果|豊富な栄養素が含まれた食品

5,228 views
納豆と不妊

納豆は体にいいと言われますが、どんな風に体にいいのか知らない方も多いのではないでしょうか。体にいいと聞いても、においやネバネバが嫌で食べられない方も多いかも。

 

納豆は体にいいばかりでなく、不妊にも効果があると言われています。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。美肌や活性化酸素の除去、中性脂肪の抑制などの納豆による美容効果は、不妊解消にもつながっているでしょう。

 

薬やサプリから女性ホルモンのバランスを整える方法もありますが、添加物が含まれていない納豆を食事に取り入れると効果絶大。

 

毎日の食事に取り入れる事で、妊娠しやすい体にしてくれるかもしれません。

 

大豆イソフラボンのパワー

 

不妊にいちばん効果的な納豆の栄養素というと、大豆イソフラボンです。納豆の原料である大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしています。

 

35歳頃から、女性ホルモンのエストロゲンは減少しはじめると言われています。

 

年齢が上がるごとに妊娠しにくくなると言われますが、エストロゲンの減少も大きな一因と言えるでしょう。

 

大豆イソフラボンが更年期の女性に効果的と言われる事も多いですが、女性ホルモンが減っている方が摂取すると、エストロゲンを別の形で補う事ができます。

 

エストロゲンは別名、卵胞ホルモンと呼ばれています。卵胞の成熟や排卵促進、子宮内膜を厚くする効果があります。

 

受精卵が着床するために必要な体内物質を、促進する働きがある事もわかってきました。

 

仕事や妊活中のストレス、仕事などで女性ホルモンのバランスが狂ってしまった場合、女性ホルモンのエストロゲンの代わりをして、女性ホルモンのバランスを元に戻してくれます。

 

減ってしまった体内のエストロゲンに代わって、女性が本来持っている女性らしい体を取り戻してくれるでしょう。

 

エストロゲンに似た働きをするばかりでなく、エストロゲンの分泌を促進し、エストロゲンが減っている場合は分泌を抑えてくれる、万能食品と言えます。

 

大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンを納豆で摂取する事は、不妊に非常に効果があります。納豆が含む納豆菌によって、大豆が発酵する事で、体内への吸収が良くなります。

 

他の食品やサプリでは、なかなか体内に取り込む事ができません。納豆を食べると、サプリや薬で大豆イソフラボンを摂取したときより効果を上げられるでしょう。

 

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、血流を良くして血液をサラサラにしてくれる効果もあります。子宮への血流も増やしてくれます。

 

赤ちゃんを宿して育てていく子宮の血流が良くなる事は、妊娠しやすい体にしてくれると言えるでしょう。

 

大豆イソフラボンは不妊を解消してくれる効果があるばかりではありません。

 

年とともに女性ホルモンは減少してしまいますが、その代わりに機能して、年齢を重ねた体を若返らせてくれるでしょう。

 

血流改善によって、子宮の機能を回復してくれる他、冷え性を改善したり、美肌や美爪に導いてくれます。

 

体が若返ったという事が、すなわち妊娠しやすい体になったと言えるかもしれません。

 

不妊に効く栄養素がいっぱい

 

納豆が含んでいる栄養素は、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンだけではありません。ビタミンE、ビタミンB群、ビタミンK、カリウム、ムチン…と美容に良いたくさんの栄養素が含まれています。

 

ベルタ葉酸サプリで美肌

 

納豆は美容や美肌にとって、欠かせない食品と言えるでしょう。納豆が含む不妊解消の代表的な栄養素には、次のようなものがあります。

 

・ビタミンE

ビタミンEの別名はトコフェロール、生命の源という意味です。女性ホルモン、男性ホルモンの促進を促してくれます。栄養バランスが崩れたり、ストレスで女性ホルモンが減っているとき、女性ホルモンの分泌を促してくれるでしょう。

 

・ビタミンB1

パンやごはんで摂取した糖質を分解するためには、体内の酵素が必要となります。酵素を助けるときに必要なのが、補酵素であるビタミンB1です。

 

酵素が十分に体内にあったとしても、ビタミンB1が不足することで、糖質の分解ができなくなってしまいます

 

エネルギーを摂取したときに分解する事ができないので、太りやすい体になり、肥満につながります。太っている女性は、不妊になりやすいと言われています。妊娠したときにも、流産につながる可能性が高くなってしまいます。

 

参考ページ⇒不妊の人は酵素を摂取すべき?肥満が不妊につながる可能性

 

妊娠するとダイエットができなくなってしまいます。妊娠を望んでいる方は納豆を摂取する事で、代謝のいい体にすると妊娠しやすい体になるでしょう。

 

・ビタミンB2

ビタミンB2脂質をエネルギーに代える働きがあります。食生活の影響で体内に脂肪が貯まってしまったとき、ビタミンB2がないとエネルギーに代えることができません。

 

脂肪を燃焼できないと、脂肪細胞に脂肪酸がどんどん蓄積されていきます。

 

肥満が不妊につながる事も多いため、ダイエットのために納豆に含まれるビタミンB2を摂取する事はとても大事と言えるでしょう。

 

ビタミンB1は水溶性で加熱に弱い栄養素です。また、体内に貯めておく事ができないので、摂取しても一日で体内からなくなってしまいます。

 

毎日納豆を食べる事で、ビタミンB2不足を解消する事ができるでしょう。

 

・鉄分

日本の女性の6割は鉄分が不足状態にあるそうです。不妊治療を受けている女性の9割が鉄不足というデータもあります。

 

鉄分が不足して貧血になる事で、冷え性になり血液の流れも悪くなります。子宮への血流も悪化するため、不妊につながってしまいます。

 

納豆には鉄分が豊富に含まれているので、貧血を防止してくれるでしょう。

 

・ムチン

納豆が嫌いだという方の多くは、あのネバネバに抵抗があるのではないでしょうか。納豆がネバネバしているのは、ムチンがたくさん含まれているからです。

 

納豆のネバネバ

 

血流を良くして、動脈硬化を防ぐ働きがあると言われてています。血液がサラサラになる事で、冷え性改善につながり、妊娠しやすい体にしてくれるでしょう。

 

バランスのいい食生活を

納豆がいくら不妊に効果的だと言っても、食べ過ぎは良くありません。大豆イソフラボンの摂取量については厚生労働省から指針が出されています。

 

一日の適正量は、7075mg、サプリから摂取する場合、30mg程度とされています。納豆で食事の取り入れる場合、お勧めなのは一日1パック程度でしょう。

 

運動していても太ってしまうという方は、脂肪をエネルギーに代える栄養素が足りないのかもしれません。

 

脂肪をエネルギーに代える補助食品として、納豆を使う事で肥満解消につながります。冷え性で妊娠しにくい体になっている方は、納豆を食べる事で血流が良くなるでしょう。

 

まだ妊娠していない方で、これから妊娠を希望している方は、納豆を摂取するだけでなく、バランスのいい食事と運動を心がける事が大事と言えます。

 

納豆を日々の生活に取り入れる事で、妊娠しにくい体から妊娠しやすい体にしていくのは、とても大事だと言えるでしょう。


あわせて読みたい

X