MENU

「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に

妊活
  • 「不妊」と悩み人工授精・体外受精を検討する前に
妊活先生 > 不妊の知識 > 40代で妊娠した芸能人|早期の不妊治療と体質改善が重要

40代で妊娠した芸能人|早期の不妊治療と体質改善が重要

1,019 views
40代で妊娠した芸能人

ここ数年で、芸能人の妊娠発表に兆候が見られることにお気づきの方はいらっしゃいますか?それは、「40代で妊娠」している方が非常に増えているということです。

 

一般的に年齢が増えれば増えるほど妊娠力は低下すると言われ、40代の女性の妊娠率は20代の女性と比べても、歴然の差があると言われています。

 

また、35歳以上の女性の出産は高齢出産という事で、リスクがあると言われていますが、芸能界ではもしかしたらこんな一般常識は通用しないのかもしれません。

 

ここでは、40代で妊娠した女性芸能人、40代女性の妊娠確率、

40代で妊娠した芸能人

永作博美さん

第一子は39歳ですが、
第二子は42歳でご出産されています。

順風満帆に見える永作さんですが、二度の流産、不妊症などつらいご経験もされているとのこと。不妊治療に通っていたことでも知られています。

 

松嶋尚美さん

40歳で第一子41歳で第二子
高齢だとは思えないハイペースでご出産されました。

松嶋さんを見ていると、40代での妊娠率の低さが嘘のようです。

年齢のこともあるのか、やはり不妊治療を行っていたと言われています。

 

なるみさん

大阪を拠点に活動しているお笑い芸人です。

43歳で妊娠が分かり、その後男児を出産しています。

不妊治療の成功率として43歳ではわずか5%という現実に直面するも、諦めずに信じて賭け続けてきたそうです。

 

このように、40代でも妊娠出産の可能性はゼロではないということが芸能界の一例からも推測できます。

 

ただし、そのうちの多くが何かしらの不妊治療を行っていたということで、いくらきれいで美しい外見でも、体内年齢は私たち一般人と同じであるということが伺えます。


  • 40代で妊娠できる確率と現状

 40代になると、一気に妊娠できる確率が下がると言われています。

比較として、他の年代の確率もご紹介すると、

 

25-30歳 2530

35歳 18

40歳 5

45歳 1

このようになっています。

 

女性の妊娠できる力(妊孕力”にんようりょく”と言います)は30歳を境に徐々に低下し始め、37歳で一気にスピードアップするというのが一般的な医学の見識です。

40歳で1ケタにまで低下し、44歳以降はわずか1%という現実に直面してしまいます。

 

とはいえ、注意点は上記の確率は「自然妊娠」における場合。

不妊治療を行うとそれぞれの年代でもう少し確率は高くなります。

 

25-30歳 40

35歳 37

40歳 20

45歳 5

ということで、やや数値が上がっていることがお分かりいただけるでしょう。


  • 40代になると妊娠しにくくなる理由

 女性の年齢と妊娠には大きな関係性があるということはみなさんもご存知のことと思います。年齢が増えれば増えるほど妊娠しにくくなる、ということですね。

 

これには、卵子の影響によるところが大きいことが分かっています。

 

男性の場合は毎日新しい精子が作られているので、加齢の影響は多少あれどそれほどではありません。現に、60歳を過ぎてからパパになる、という芸能人を多く見かけます。

 

一方で女性の場合は産まれる前の胎児の時点で卵子の数が決定しており、そして産まれたときにはすでに卵巣内にすべての卵子のもとがすでに誕生しているのです。

 

つまり、産まれてから新しく作られるということはない、ということです。

 

毎月1個ずつ排卵しているので数も減少し、さらに加齢によってその質も低下してしまう、という流れになります。

 

そのため、排卵自体はあっても良質な卵子が排卵される頻度が極端に減ってしまうということが、加齢による妊娠力の低下の理由と言えるでしょう。

 

40代で不妊治療をするなら

40代で子宝に恵まれたい、と考えているのであれば、一日も早く不妊治療を行いましょう。

 

最初は不妊要因となっているものを特定するための検査からのスタートになりますが、本格的な不妊治療が始まってもいきなり人工授精から、ということも珍しくありません。

 

クリニックとしても、妊娠のために一周期も無駄にすることができないというのが本音だと思います。

 

いたずらに治療期間が長くなってしまうことでさらに加齢してしまうことは妊娠力の更なる低下の原因となりますから、そういった不妊治療となるということも覚悟しておく必要があるでしょう。


  • 40代で出来る体質改善について

卵子のもととなる細胞は、ホルモンの刺激を受けて発育・成熟します。

 

その期間は3か月と言われており、そのため3か月で質の良い卵子が育つ体内環境を作っていくことで妊娠力が上がる可能性があると考えられるでしょう。

 

体質改善でおすすめなのは、

 

・有酸素運動、ストレッチ

体内の血流をあげることは非常に重要です。

卵巣への血流量が増えると、卵胞の正常な発育、成熟を手助けしてくれます。

方法としてはウォーキングが最も取り入れやすく、おすすめ。

時間はだいたい1時間程度でじゅうぶんです。

 

・バランスの良い食生活

栄養をふんだんに取り入れた食生活は基本です。

近年では炭水化物を摂取しないダイエットが流行っていますが、炭水化物は身体のエネルギーになる非常に大切な栄養素。

しっかり3食いただくようにすることも大事ですよ。

 

・早寝早起き

10時から2時の時間は”ゴールデンタイム”と呼ばれ、身体にとって重要な”おやすみタイム”。

この時間に就寝することができているだけで体内年齢が若返るという研究結果もあります。

 

・ストレスとうまく付き合う

ストレスのない方はおそらくいらっしゃらないでしょう。

ですので、ストレスを完全になくす、ということではなく、ストレスを発散させつつも順応していく、ということを心がけてみてください。

 

・サプリメント

妊娠力が上がると言われているサプリメントは摂取してみてもよいと思います。

たとえば卵子の発育や成熟に絶対必要な栄養素のビタミンやミネラルは、食事からだけでなくサプリメントからも摂取するというのが理想と言えるでしょう。

 

  • まとめ

40代だからと悲観的になるのではなく、妊娠に向けて努力をすることに目を向けてみましょう。

確かに不妊治療を始めたからと言ってすぐに結果が伴うものとは限らないのが現実です。

 

ですが、夫婦二人三脚で寄り添いあいながら同じ目標に向かって頑張っている姿を、きっとお空の可愛い天使は見てくれていますよ!

 

♡ あなたもママになれます ♡

 

関連ページ⇒不妊と悩んでいる方に無料メールマガジンを配信中


  960_800_2

妊活・不妊治療のお助け情報発信中!

卵質改善無料メールレッスンはこちらから

 
960_800_2

妊活・不妊治療のお助け情報発信中!

卵質改善無料メールレッスンはこちらから

 

あわせて読みたい

X